女性ならば気になるバストサイズ。やはり大きいのに憧れるものですよね。バストアップするにも様々な方法がありますが、今回は食べ物でバストアップする方法を紹介していきたいと思います。

大豆製品

バストアップするために胸の中身である乳腺や脂肪を発達させる必要があります。その発達に欠かせないのが女性ホルモンです。大豆製品に含まれるイソフラボンという成分は女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似たような働きをしてくれます。そのためバストアップ効果が期待できるのです。豆腐や豆乳、納豆など様々ありますが、1番バストアップにいい成分を持っているのは味噌です。ですので味噌汁などを積極的に飲むと効率的にバストアップができるのです。

たんぱく質

三大栄養素でもあるたんぱく質。実は筋肉や骨をつくるだけではなく、ホルモンの分泌にも効果的なので良質なたんぱく質を摂取することがバストアップに繋がります。良質なたんぱく質としてオススメなのがささみです。ささみは低カロリーですのでたんぱく質を摂ると太るから嫌だと思っている方も安心して食べることができます。また、価格も安いですので毎日の食事に取り入れやすいのも続けやすくなりオススメです。

ボロン

ボロンってあまり聞きなれないですよね。実は女性ホルモンの分泌をサポートする成分で先ほどのイソフラボンはエストロゲンの代わりになるものでしたが、ボロンはエストロゲンを増やしてくれる成分となります。ボロンは主にキャベツに含まれますので普段のサラダなどで積極的に取り入れましょう。

プロゲステロンというホルモンもバストアップ役立ってくれます。エストロゲンとプロゲステロンがバランスよくなる時が生理後から排卵前ですので、この時期によく取り入れることが効率的にバストアップすることになります。このように、普段の食事でも取りやすい食材がバストアップに繋がります。食べるタイミングも考えながら効率的にバストアップしていきましょう。

小さなバストを大きくする最終手段は

バストを大きくするためには自分のバストに関心を持つことから始めます。もちろん自分のバストに関心を持ち、バストの大きさなどに不満を持つからバストを大きくしたいと思うようになるのでしょう・・・。それはそうですが、もっともっと自分のバストに興味関心を持たないとバストって変わらないんですよ。

元々、「体格」とか「体質」とかそういうある程度決まっていることってちょっとした努力くらいではなんともならないんです。体格は骨格が大きく関係していて、骨格というのはできあがってしまったら変えることはほぼ不可能です。体質だって大人になってから変えるのは困難で、もし替えられるとしたら長年漢方薬でも飲み続けたり身体に良いことを続けるくらいしか方法はないでしょう。

薬を使って体質改善も考えられますが薬は効果が強いだけに長年同じ薬を摂取し続けるのはおすすめできません。こんな風に体格や体質は簡単に変えられないのでバストも簡単には変えられないのです。バストを大きくする場合はかなりの時間とかなりの努力が必要ですよ。

バストを大きくしたいと悩む女性は星の数ほど居るでしょう・・・。悩んで悩み続けて何をやってもバストが変わらないと分かったとき、それでも諦めきれないとき最終的に選ぶのは豊胸手術かもしれませんね。豊胸手術には様々なリスクがありますがバストを大きくすることは可能です。

豊胸手術でバストを大きくした場合は定期的にメンテナンスがあると言われています。つまり、1回の豊胸手術だけでは終わらないということを頭に入れておくべきでしょう・・・。

果たして、バストは揉むと大きくなるのか?

よく「バストは揉むと大きくなる」と言われていますね。バストを揉むということはもちろん手で揉むことを言いますが、揉んで大きくなるということを鵜呑みにするのはどうかと思いますよ。揉むことによって身体が変わったとしてもそれはほんの少しだけであって、揉んだところが劇的に変化するわけではありません。

少しでも人間の身体について勉強してみれば手で揉んだくらいでバストが変わるなんて思えなくなります。脚にしたって二の腕にしって揉める場所はたくさんありますが、ふくらはぎをじっくり揉みほぐしてもなかなか細くなりません・・・。二の腕を一生懸命揉んだって、残念ながらたるんだお肉が引き締まることは滅多にありません。

ふくらはぎを引き締めたり二の腕シェイプをしたかったら手で揉むんじゃなく運動してその部分の筋肉を鍛えればいいし、そうすることで初めて気になる部分が変わってくるのです。手で毎日揉んだくらいでは気になるところの形にほぼ変化はないでしょう・・・。

バストという場所もふくらはぎや二の腕と同じです。バストだけ特別な筋肉や脂肪があるわけでなく他の部分と同じ筋肉や脂肪でできています。だからバストを揉むと大きくなると言うのはちょっと違うかな〜と・・・。それどころかバストを揉みすぎるとバストが垂れる原因にもなります。

バストにしても二の腕にしても元々筋肉が少なくて脂肪細胞が多いところ。下手に揉み過ぎると筋繊維が切れてバスト下垂の原因になってしまうのです。だから素人判断でバストと揉んで大きくしようなどと考えない方が良いのです。”
バストに張りがないならココを意識してみましょう “バストに張りがないと感じるようになったら食生活を見直すと良いですよ。バストに張りがなくなる原因は人の数だけあるのですが「質の良い食事をしていない」という原因も考えられます。質が良い食事というのは豪勢な食事のことを指しているのではなく「バランスが良い食事」のことを指しています。

バランス重視の食事を毎日毎食摂っているとバストは生き生きしてきます。もちろんバストだけに限ることなく身体全体が生き生きとして肌につやが出ます。肌につやが出るということは適度に肌に張りがあるということになりますね・・・。

身体全体をよく観察してみることは大事なこと。バストの張りがないことを気にしてばかりではなく、お尻の形が崩れていないか、お尻が丸みを帯びているかチェックしてみましょう。バストだけに意識を向けるより身体全体・・・もちろん顔も含めて自分の肌の状態や筋肉量を見てみるのです。

目をそらしたくなっても「バストを変えたい!若返らせたい」と思うのであればそこから逃げないこと。自分の身体を直視しないことにはバストは変化しません。バストに張りがないと感じるようになればお尻もたれてきているはずです。頬も張りがなくなり真顔になるとほうれい線が目立つはずです。

こういうところから目をそらさずじっくり向き合ってみましょう。そうすれば食生活を変える勇気も出てくるでしょう・・・。食生活は思うよりずっとずっと大事で、特にバランスを意識することにより身体は変わります。付け加えるなら適度な運動をするとバストにも筋肉がついて張りが出やすくなります。

バストトップの黒ずみが気になっていました

30代になり、以前は気にしていなかった乳首の黒ずみが気になるようになりました。顔の肌もはりがあったはずなのに、いつの間にか弾力を感じません。これが老化する一歩なのだと思いました。

まだ30代ですが、これからどんどん体は老化していくのだと感じます。20代までは、顔のケアも適当でした。

でも、これからは本格的に美容を目指して綺麗になりたいと感じます。

お金をかけて、それなりのケアをすれば、若い肌を保つことが出来るのではないかと思っています。

お風呂に入る前、全身を鏡で見たらバストトップの黒ずみが老けて見えました。自分しか見ていないし、服で隠せるのであまり普段からバストのケアはしていません。

顔の肌と同じで、色素沈着してしまい、シミのようになってしまうのではないかと不安になります。このままでは良くないと思い、バストケア商品を調べてみました。

お店で買うことは恥ずかしいので、誰にもばれたくない気持ちです。ピンキッシュボーテを見つけた時、なんだか欲しくなりました。

プラセンタエキスなど、肌に良さそうな成分ばかり含まれています。しかも、栄養分がナノ化されているので、肌に浸透しそうだと感じました。今まではバストのケアを何もしてこなかったので、すごく気になり申し込んでみたのです。

宅急便で届きましたが、家族にも知られたくないので自分で受け取りました。その日の夜に使ってみましたが、可愛い入れ物に入っていたので気分が良くなります。塗り心地も悪くないし、冷たくて気持ち良いです。

1か月間使って見たら、バストトップの乳首が少し綺麗になりました。

私がピンキッシュボーテを選んだサイトはこちらです。>>【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!

他にも色々なクリームが載っていました。ぜひこのサイトで自分に合いそうなクリームを見つけてくださいね。